No.24

La cronica de Roque Santa Cruz
ロケ・サンタクルスの記録・・・古巣オリンピアに復帰!パラグアイ代表も応援してます。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018GWバルセロナ&イタリア旅行いよいよ帰国

いよいよ昨年のGW旅行の話も最後です!

2018年5月7日(月)

長かったこの旅行もついに帰国の日となりました。
ゆっくり起きて朝食を食べ、チェックアウト。
昼過ぎまで時間はあるので、荷物はホテルに預かってもらって
まずはテルミニ駅からバスに乗って
ベルニーニが噴水があるナヴォーナ広場へ向かいました。

roma20180507.4.jpg

それから再びバスに乗りヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂へ向かいました。
ここの上に登ればローマが見渡せると思ったのです。
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂まで行き
展望テラスへ行こうとエスカレーターに乗ろうと
チケット売り場に行ったら、なんと10ユーロ、え〜!!
高すぎるとは思いましたけど、
ここまで来ちゃったのですから乗りましたよ。
上からの景色はよかったですけどね。

roma20180507.6.jpgroma20180507.7.jpgroma20180507.8.jpg

ローマの絶景スポットから!ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の展望テラス編

それからコロッセオまで歩き、地下鉄に乗って
再びテルミニ駅に戻ってきました。

コロッセオまでの道のりにも遺跡
roma20180507.9.jpg

この水は飲めるらしい。
roma20180507.10.jpg

この日もすごい人だったコロッセオ
roma20180507.11.jpg

本当はローマ最後の食事は昨日行けなかった
リストランテ・テーマに行きたかったのですが・・・
イタリアのランチって12時半からなんですよ。
13時には荷物を取りにホテルに戻りたかったので、
無理だろうとあきらめました。
本当にイタリアって・・・・

朝食もしっかり食べたとはいえ、
何か少し食べたかったのでテルミニ駅にあるイートイン
メルカートチェントラーレローマで食事をしました。
気軽に手軽に食べられるので一人旅にはありがたいです。

roma20180507.13.jpgroma20180507.12.jpg

ホテルに戻り再びテルミニ駅からレオナルド・エクスプレス
で空港へ向かいました。
私はJALを利用していたので、ローマからロンドンへ向かいます。

最近はアプリ等でも経由の場合もWEBチェックインが
できるのですが、昨日はバタバタしていてできませんでした。
ローマでチェックインをした時に、
ロンドンから先のチケットはヒースローのカウンターで
もらってくださいと言われました。

ローマからヒースロー空港へのフライトが
30分くらい遅れたのでちょっと不安になってきました。
今回はフライトでのトラブルがいろいろあったので
ちょっとナーバスになってしまったのですね。

ローマでロンドン→羽田のチケットを受け取るということは
最後までチェックインしていないってこと??
ゲート前で待っている間に空港スタッフに聞いてみると
荷物は日本までとなっているのなら大丈夫というようなことを
言っているようでした。
でも、最初の空港で東京までのチケットを受け取らなかったのは
初めてだったのでちょっと不安でした。

ローマの空港で最後のジェラートはVenchi
roma20180507.14.jpg

乗継の時間には余裕はあったので、ヒースロー空港についてから
JALのカウンターで羽田までのチケットは無事受け取りました。
念のため、帰国してからJALにメールしてみたのですが、
普通は最初の空港で最後までのチケットを受取るらしく、
その段階でチェックインは終了しているとのこと。
今回も確かに荷物は羽田までとなっているのだから
問題ないはず・・・というあいまいな返答でした。
どちらにしても乗継は余裕があったほうがいいですね。

ヒースローでは挙式間近のヘンリー王子と
メーガン・マークルがプリントされたクッキーがありました。
roma20180507.15.jpg

以前、やはり乗継の時に最初のフライトが遅れて
ドアを出た瞬間に係の人が迎えに来ていたり、
Expressという札を持たされて早くゲートまで行くように
とか指示されたことあります。

そんなこんなありましたが、無事に羽田に到着。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行最後の地ローマ

今日も昨年のGWの旅行紀の続きです。

2018年5月6日(日)

この日は最後の地ローマへの移動日でした。
朝食を食べてからチェックアウトをして、
一旦ナポリ中央駅に行き、
スーツケースを荷物預かり所に預けました。
AMOITALIAではイタリアのいろんな駅の荷物預かり所について
まとめてあって便利です。

ナポリ中央駅の荷物預かり所
napoli20180506.0.jpg

イタリア旅行中に手荷物を預ける

最後にまたナポリの街を高い所から見たいと思って、
フニクラのチェントラーレ線に登ってヴォメロの丘にある
サンテルモ城を目指したのですが、
意外に時間がかかってしまい、
行ったらすぐに戻らなくてはならなくなりました。
帰りは地下鉄1号線のVanvitelli駅から乗って
中央駅に向かいました。

チェントラーレ線乗り場
napoli20180506.6.jpg

ナポリの景色が見渡せます。
napoli20180506.7.jpg

ローマ行きのチケットは日本でItaroのHPから
予約をしておきました。
早く予約すれば安いチケットが買えるし、
時刻表を見るだけでも予定をたてるのに便利です。
荷物預かり所からスーツケースを受け取り、
あわただしく電車に乗りました。

今回のナポリは全然予定どおりに行きませんでした。
それでも、海の向こうに見えるベスピオ火山や
きれいな風景を見ていると癒されます。
ピザもアイスもおいしいし!
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行バタバタのナポリ

本日もGWの旅行の続きです。

2018年5月5日(土)

今回、昨年に続きナポリへ来たわけは
前回カプリ島で青の洞窟を見学できなかったから
再度リベンジしたいと思ったからです。
でも、去年と同じこの時期は確率から言って
青の洞窟を見学するには難しい時期でした。

前回は青の洞窟を見学できなくても
カプリ島を観光したいと思っていたので、
青の洞窟が見られるかを気にせずカプリ島へ行きましたが、
今回は見られないならカプリ島へは行きたくない。
・・ということでネットで調べたら
こちらのサイトで青の洞窟が観光できるかを
朝9時に調べられるというのでチェックしました。
開いている場合は、緑色の丸でOPENと記載されているのですが、
結果はやはりダメ。

だったら前回アマルフィ観光で行けなかった
ポジターノに行こうと思って
去年同様サレルノに行くことにしました。
前回はナポリ中央駅で切符を買うことで悪戦苦闘したのですが、
今回はさらりと買えました。当たり前といえば当たり前。
・・が電光掲示板を見ると電車が1時間半遅れているとありました。
ありえん!!
ということで、キャンセルすることにしました。
キャンセルをして、どうしよう・・・と考えていたら、
Itaroがサレルノに行くことを思い出して、
Itaroのチケット売り場に行きました。
ちょうど良い時間のチケットがあったので買い、
無事サレルノに到着!

早速アマルフィ方面に行く船着き場を目指しました。
チケット売り場でポジターノのチケットを買おうとしたら、
今日は欠航と言われました。
それほど波が高いとも思えないし、
アマルフィ行きはあるのになんでと思いましたが、ないものはない!
もちろんポジターノにはアマルフィ経由でも行けます。
でも、やっぱり海からポジターノを見たかったのですね。
だからせっかくここまで来たけど、あきらめました。

napoli20180505.0.jpgnapoli20180505.1.jpg

トボトボとサレルノの駅まで行って電光掲示板を見たら
キャンセルした電車が3時間半遅れになっていました。
恐るべしイタリア!
で、再びナポリまでのチケットを買って電車に乗りました。
出発してから気が付いたのですが、
急行みたいのにのるはずが各駅に乗っていたのですね。
でも、そのおかげでポンペイに行けることに気づきました。
いざとなればポンペイ遺跡に行くことも考えてはいましたが、
実際は本当にそうなると考えていたわけではないので、
何の下調べもしていないのですが、
ポンペイの遺跡に行ってみるかと思い、ポンペイの駅で降りました。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行オルビエート観光

ロケはバカンス中なのかな〜。これといった話題もないので、
またまたGWの旅行の話の続きです。

2018年5月4日(金)

この日はオルビエート観光をしてから
ローマ経由でナポリへ移動しました。

まずは朝食を食べてからチェックアウト。
荷物をホテルに預けてオルビエート観光です。
オルビエートの街はそんなに広くないので、
ローマやフィレンツェからでも日帰り可能です。

行く前にネットで調べていたらオルビエートカード
という観光に便利がカードがあるということで、
買ってみようと、インフォメーションセンターに行ったら
カードはあちらに行けと言われました。
あちらというのはMuseo Archeologico 国立考古学博物館のことで
支払は現金のみ。だんだん現金が少なくなってきていたので、
半日観光では元は取れないとは思って買うのをやめました。

国立考古学博物館
olviero20180504.6.jpg

まずはバスでドーモからフニクラ乗り場まで行き、
サン・パトリツィオの井戸を見ました。
思っていた以上に階段で下まで降りたので、
登るときはちょっときつかったです。

olviero20180504.0.jpgolviero20180504.1.jpg

フニコラーレ駅の近くにあるアルボルノツ城塞 
ゆっくり見てみたかった。

olviero20180504.2.jpg

それから再びドォーモ広場に戻って素敵なオルビエートの
ドォーモ・洗礼堂を見ました。
サン・ブリツィオ礼拝堂にはミケランジェロに影響を及ぼしたという
ルカ・シニョレッリによるフレスコ画「最後の審判」があり、
とても素晴らしかったです。

olviero20180503.13.jpgolviero20180503.15.jpg
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行天空の街チビタバニョーレッジョ

年内にアップし終えることができるかな、GWの旅行の続きです。

2018年5月3日(木)

この日はフィレンツェからオルビエートへの移動です。
朝食を食べてからチェックアウトをして駅に向かいます。
切符は前日に買ってあったので刻印をしてから乗車しました。
イタリアは出発の合図が鳴らないのが不安です。

予め時刻表で何駅あって何時にオルビエートに着くか
を調べていたのですが、
オルビエートに着くはずの時間になっても
全然着く気配がありません。
何だか不安になってしまったので、
近くにいた人に聞いてみたら「大丈夫次よ。」
と言われほっとしました。
やっぱり微妙に遅れるのがイタリアなのかな。

ということで無事オルビエートの駅に着きました。
この日はオルビエートのホテルに荷物を置いたら
この旅行の楽しみの一つでもある
チビタバニョーレッジョに行く予定でした。
チビタバニョーレッジョは死にゆく町とか
天空の城ラピュタのモデルとか映画ホタルノヒカリの
ロケ地になっております。
チビタバニョーレッジョは一日数本のバスでしか行けません。
そんなこともあって、なるべく早くホテルに着きたかったので
めったに乗らないタクシーを利用したのですが、
はっきりいって不要でした。

ホテルはオルビエートのドォーモの目の前でしたので、
駅からケーブルカーに乗り、
そこからバスでドォーモ行きのバスに乗れば良く、
そのほうがどう考えても安いし早かったです。

もしホテルまでタクシーを利用したいという場合は、
ケーブルカーの頂上ではタクシーを拾いにくいので、
ホテルに相談してタクシーを呼んでおいてもらうか
オルビエートの駅から乗っていったほうが良いでしょう。
駅で停まっていたタクシーは1台でしたので・・

ケーブルカー乗り場
olviero20180503.0.jpg

今回利用したホテルはHotel Virgilio  
ドォーモの目の前なので部屋からドォーモの夜景を
見ることができました。

チェックインをすませて、まずはインフォメーションに行きました。
これからチビタバニョーレッジョに行きたいというと、
次のバスの時間とチケット売り場とバス乗り場を
教えてくれました。
まずはバスチケットを買い、ケーブルカー乗り場へ行くのですが、
行った人のブログの通りでチビタへのバスチケット売り場や
バス乗り場はそれぞれちょっと離れているので、
余裕をもっていくのが良いと思います。
そしてバスチケットは必ず往復買いましょう!
ちなみに私はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

バス乗り場はケーブルカー乗り場の先です。
olviero20180503.1.jpgolviero20180503.2.jpg

参考
誰も教えてくれないイタリアの旅・その3 チヴィタの行き方

夏旅☆イタリア チヴィタ・ディ・バニョレージョのバス乗り場
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行┘侫レンツェ

そろそろバカンスムードなのかこれといったニュースもないので、
またGWの旅行の話の続きです。

2018年5月2日(水)

この日は一日フィレンツェでの観光でした。
フィレンツェは何度か来ているので寄るつもりはなかったのですが、
チンクエテッレからオルビエートに行くには通過する場所だし、
以前行ったときに行けなかったミケランジェロ広場に行きたかったので、
今回も行くことにしました。

フィレンツェ観光の目玉であるドォーモジョットの鐘楼
既に何度も登っているのですが、
今回で当分イタリアには来ないだろうと思い登ることにしました。

私が行った時は火曜日でしたが、
金曜までドォーモのクーポラに登るチケットだけは
売り切れになっていましたので
今はインターネット予約が5週間前からできるので、
クーポラに登るならば予約必須です。

◆参考サイト
最新情報!フィレンツェ大聖堂のクーポラに登る方法

ともあれこの日、
クーポラに登る前に洗礼堂を見ておこうと思って
早めに朝食を食べてホテルを出ました。

firenze20180502.24.jpg

ドォーモに着いてみると既に無料で見られるドォーモの
カテドラルを見る列が出来ていました。
だったら時間指定のないジョットの鐘楼に登っておくかと思い
登りました。
それから洗礼堂を見ていたらちょうどクーポラの時間になり
再び上を目指して登りました。疲れた・・・

ジョットの鐘楼から見た景色
firenze20180502.2.jpgfirenze20180502.3.jpgfirenze20180502.4.jpg

クーポラから見た景色
firenze20180502.6.jpgfirenze20180502.7.jpg

残るはドォーモのカテドラル・・・
ここに着いた時より明らかに長い列ができていて
結局1時間半かかりましたよ!
塔に登って疲れていたのでちょうど休憩替わりに
なりましたけどね。
ですのでカテドラルを最初に見るのが正解なのかな?
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行Д團儀侏灰侫レンツェ

今日もGWの旅行の続きです。

2018年5月1日(火)

この日も朝食は昨日の女性と一緒に食べました。
彼女もやっぱり船には乗れなかったそうですが、
十分にチンクエテッレを堪能したようです。
彼女はパルマなどに寄りつつミラノに戻るそうで、ここでお別れ。
部屋に戻ってスマホを見るとロストバゲージに関する
着信がいくつかありました。

例によって私の英語力じゃあ電話は無理なので、
受付のおじさんに電話をしてと頼みました。
状況がわからないから‥と言われたので、
昨日書いたメモを見せるとOKを電話してくれました。
で、午前中にフィレンツェのホテルにスーツケースを届ける
ということが確認!やった〜
部屋に戻って、一休みしてチェックアウト。
ホテルのおじさんにはお礼を言いたかったのですが、
受付にはいなかったので残念。
充電器貸してもらい本当にありがとうございました!!

フィレンツェのホテルからも今日の午前中に
スーツケースが届くと連絡がありましたという
メールが入っていてほっと一安心をして
ラ・スペツッアの駅に向かいました。
スーツケースがないと移動が楽・・・
ここは宅急便で送ったとでも思いましょうかね。(苦笑)

ラ・スペツッアからフィレンツェに行くには
ピサで乗り換えが必要です。
ピサの斜塔はツアーで来た事があるのですが、
ツアーですから塔に登る時間はありませんでした。
ですので、今回はどうしても登りたい
ということで予めピサまでの電車と斜塔の予約はしておきました。
これがあったので、フライトがキャンセルになった時、
どうしても予定通りイタリアに行きたかったのです!

ピサ中央駅
pisa20180501.14.jpg

本来ならピサの駅でスーツケースを預けて
斜塔までバスで行くつもりでした。
駅のタバッキ(売店)で切符を買おうと思ったら
メーデーなのでバスは走っていないという表示。
あ〜やっぱりイタリア!要注意です!
なので歩いてピサの斜塔まで行きました。

途中ヴイットリオ・エマヌエーレ2世広場の傍らに
キースへリングの遺作の“Tuttomondo”(全世界)という
壁画があるというので彼のファンである私はチェック!

pisa20180501.1.jpg

街中もなかなか良い雰囲気
アルノ川沿いのサンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会等見ながら
ゆっくり歩いていると以外に時間がかかってしまいました。

pisa20180501.13.jpgpisa20180501.8.jpg

ピサの斜塔には他に大聖堂(ドゥーモ)や洗礼堂等があります。
ネットの情報ではドゥーモは無料だけどチケットが必要なので
ピサに着いたらまずそのチケットを取りに行こう
とあったのですが、私が行ったときはチケットは無く
自由に見られました。

pisa20180501.3.jpg

ピサの斜塔に登るためには荷物を預けなくてはなりません。
スマホやカメラ以外は全て預けるのです。
で、早速、荷物を預けるために並ぶわけですが、
荷物を預ける列と荷物を受け取る列が同じなんです。
これがイタリア・・・列を分ければ時間も短縮になるのに!
そんなこんなでピサの駅に着いたのが10時20分で
ピサの斜塔は11時45分の予約にしていたのですが、
駅から歩いてきたせいかあまり時間に余裕がなかったです。

写真の茶色の建物の右側の方に荷物預かり所があります。
pisa20180501.2.jpg
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行Ε船鵐エテッレ観光

今日もGWの旅行のお話・・・
2018年4月30日(月)の続きです。

マナローラから3つ目の街コルニリアをスルーして
4つ目はヴェルナッツァ

ここは見どころが多い所です。
最近チンクエテッレを紹介する時は
たいていこのヴェルナッツァの高い台からの写真が
使用されています。

ですので、まずはその景色を見るために高台へ向かいます。
まずは港を目指して目抜き通りを歩いて行きます。
途中でお腹が空いたので魚のフリットを食べました。
揚げたてでおいしい!!

20180430.15.jpg

で、港の前の広場まで行ったのですが、
どうもここでも船が運航されていないような・・・
ともあれ美しい景色を見るために
トレッキングコースの入り口からひたすら登っていきます。

20180430.16.jpg

真ん中に見える階段を登っていきます。
20180430.17.jpg

途中でチンクエテッレカードのチェックがあるので、
もっていない人はお金を払うことになります。
ちょっと登っただけでも十分にきれいな景色が
見られるのですが、みんな先に登っていきます。
トレッキングをするわけではないので、
どこかで良しとして写真を撮るわけですが、
ほんとうにきれいな景色・・・

20180430.18.jpg

きれいな景色を見たらまら港の広場まで戻り
今度はドーリア城跡の塔を目指します。

ここが入口、高台に行くのと反対側かな
20180430.19.jpg

20180430.21.jpg20180430.20.jpg

疲れたのでおいしいジェラート!
20180430.22.jpg

そして再びチンクエテッレ鉄道に乗って
最後のモンテロッソ・アル・マーレに行きました。
ここは正直あんまり調べてなかったことと、
登ったり降りたりで結構疲れてしまったので
なんとなくぼーっと歩いただけでした。
ここは街が大きいので、車も走っておりました。
ちょっとそこは残念。
まだ水も冷たいと思うのですが、
きれいな布を引いて日向ぼっこしているのをみると
私ものんびりしたいなあと思ったり、
マラガでのんびりしたことを思い出したり・・・
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行ゥ船鵐エテッレ観光

またまたGWの旅行の続きです。

4月30日(月)

今日はこの旅行のメインの1つであるチンクエテッレ観光です。

まずは朝起きて、朝食を食べに行きました。
朝食の部屋に行くと何人かの日本人がいました。
日本人って旅行中、あんまりお互いに声をかけたりしないですよね。
私も通常、ホテルの中で日本人に声をかけることは
あまりありません。
でも、この日は前日にあったフライトのキャンセルと遅延、
そしてロストバゲージについて、
誰かに話を聞いてほしかったのですね。
落ち込んだり悩んだりしたときに、
誰かに話を聞いてもらうだけでその悩みの1/3位は
消えてしまうと思うので・・・

・・で一人で食事をしている若い女性に声をかけて
一緒に食事をさせてもらいました。
そして悪夢だった昨日までの話を聞いてもらったら、
彼女もミラノで財布を盗まれてしまったそうで、
手続きはすんだもののちょっと落ち込んでいたということで
お互いに、アクシデントに負けずに良い旅行にしようね
と言って自分の部屋に戻りました。
後で彼女から化粧品のサンプルをもらったりして
助かりました。感謝!

チンクエテッレのチンクエとはイタリア語で5のこと、
リオマッジョーレ、マナローラ、コルニリア、
ヴェルナッツァ、モンテロッソ
の5つの村の観光をするのです。
拠点をどこにするかを悩みましたが、
私はチンクエテッレを走る電車チンクエテッレ・エクスプレス
船とを組み合わせて回りたいし、
次はピサ経由でフィレンツェは行くので
ラ・スペツッアに宿をとりました。

本来ならラ・スペツッアに着いた日に
少し休憩してポルトヴェネーレに行こうと思っていたで
1泊2日でも十分だと思っていました。
しかし、昨日はアクシデント続きでそれどころではなかったので、
朝食をすませたらすぐに出発・・のつもりが
いつものように出遅れます。

その上まず船でポルトヴェネーレに行こうと思ったのですが、
ホテルでもらった地図のイメージとは違って、
港までがえらく遠かったので挫折。
こちらは後回しにして駅へ向かいました。

ラ・スペツッア駅でチンクエテッレカードを買いました。
本当は前日に買っておこうと思ったのですが、
17時くらいで窓口がきっちりしまったので断念。

チンクエテッレカードにはいくつか種類があります。
トレッキングをする人も多いのですが、
そんな体力も時間もないので
私は電車のみのカードを買いました。
船にも乗るつもりだったので
果たして元を取れないだろうなとは思ったのですが、
私が行った時はものすごく混雑していたので、
乗り放題のほうが楽だったし、
駅のトイレのチップも無料になりました。
イタリアの公衆トイレはほとんど1ユーロ位の有料になりました。
有料な分だけきれいなのでまあ仕方ないかな・・・

◆チンクエテッレ・カード(Cinque Terre Card)については
こちらのサイトを参考にしました。
こちらをClick!

ともあれ、チンクエテッレカードを買ったら
裏に名前を書いてと言われました。
後で回収するわけでもないけど、譲渡防止なのかな?
そしてイタリアの鉄道の基本、乗る前に刻印は忘れずに!

電車に乗って数分するとリオ・マッジョーレに着きます。
駅に着くとたくさんの人がいてびっくり。
トンネルを抜けてまずは港に向います。
そこにはガイドブックで見る
港、カラフルな家、そして崖の傾斜という景色が見えます。
この3つを写真に撮ることができるのがリオ・マッジョーレです。
観光の街とはいえ、人が住んでいますから、
近づいてみると色が剥げたりしているのですが、
少し離れて写真を撮ってみるときれいなんですね。

20180430.0.jpg

20180430.1.jpg
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

2018GWバルセロナ&イタリア旅行ぅぅ織螢△悵榮

今日もGWの旅行の続きです。悪夢の一日・・・・

2018年4月29日(日)

少し早めに起きてまずは朝食を食べました。
本当は少しゆっくりしたかったのですが、
さっさと部屋に戻り最後の荷造りをしてチェックアウトして、
カタルーニャ広場からaerobusで空港へ向かいました。

ターミナルについたらまずは掲示板を見ましたが
やっぱり最初に乗るはずだったジェノバ便は
キャンセルになっていました。
それ以外にもいくつかの便がキャンセルになっていたのですが、
よく見てみるとほとんどがVuelingなんですよね。
フランス管制塔のストならエールフランスのフライトも
ストになっていいはずと思ったのですが、
その辺を詳しく調べている暇がないので、
気になりつつもVuelingのカウンターに行き事情を話すと、
ターミナルの端にあるVuelingのカスタマーカウンターに行って
と言われました。
早速行ってみると思ったほど行列はできていなくて、
15分位待つうちに自分の番になりました。

まずは昨日ジェノバ便が飛ぶようなメールが来たけど、
キャンセルなんですよねと聞いたら、
メールは機械的にリマインドされているので、
キャンセルされているのが本当だということ。

で、キャンセル決定なのだから払い戻しをしてほしい
と伝えるとすぐにその手続きをしてくれました。
そして新たに買ったフィレンツェ便について聞いたら、
やっぱり1時間遅れで、その便を変更することはできない
ということでした。

1時間なら仕方ないかとあきらめることにしたら、
一応Vuelingの方も悪いと思ったのか、
フィレンツェ便をファーストクラスに変更してくれました。
・・といっても2時間足らずのフライトですので、
シートがゆったりしているのと、
本来ならすべて有料な飲み物やサンドイッチなどを
無料で食べれるということくらいなんですけど、
実際お腹もすいていたのでありがたかったです。

しかし・・・時間になってゲートに行ってみると
何やら揉めている雰囲気で、
結局また1時間のディレィになってしまいました。
それでもフィレンツェ空港に着いた時は、
これでイタリア旅行ができると思ってほっとしました。

・・・が、まだ悪夢は続いたのですね。
荷物を受け取ろうと思ったら、あっさりとロストバゲージ決定!
といっても同じような人が20人位いたので、
コンテナごと行方不明になったのだから、
すぐに見つかると思っていました。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top
| 1/3 | >>
top page
TweetsWind