No.24

La cronica de Roque Santa Cruz
ロケ・サンタクルスの記録・・・古巣オリンピアに復帰!パラグアイ代表も応援してます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行帰国

昨年のGWの東欧旅行の話も最後です。

2019年5月7日(火)

いよいよ帰国の日です。

リスト・フェレンツ国際空港まで一番楽なのは
行きプラハで利用した混在タクシーを利用する事なのですが、
空港はもともと早めに行く必要があるところで
混在タクシーにしたらもっと早くホテルを出る必要があるし、
時間通りに来ないとイライラするのではないかと考え、
2017年に登場した空港直通バス100E
利用して行くことを選びました。

バス乗り場のDeák Ferenc térまでは地下鉄で行くのが
早いかもしれませんが、
私の利用する地下鉄は階段だったのでバスを利用しました。
このバスの仕様は普通の乗り合いバスと同じなので
スーツケースを預けることはできません。
だから混雑するとスーツケースを持ちながら乗るのは
とても苦痛だったというブログも読みました。
たまたま私は空いている時間帯だったのでノーストレスでした。

Budapest20190505.31.jpg

参考サイト
ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた

・・というわけで朝食を食べ、荷造りできたらチェックアウト。
昨日のうちに乗り場を把握しておいたので
すんなりとバスに乗ることができました。
道路も混雑していなかったので順調だったのですが、
空港は混んでいました。
行きと違ってWEBチェックインをしていないので、
チェックインをして荷物を預けるのに
結構時間がかかりましたので、
空港には余裕をもって行きましょう!

ブタペスト空港でハンガリーの通貨を使ってしまおう
と思ったのですが、お菓子ちょこっと買える程度でした。

帰りはヘルシンキ経由なのでヘルシンキへ出発。
ヘルシンキ空港は何度か利用しているのですが、
コンパクトで利用しやすいですね。

フィンランドと言えばやっぱりムーミン
Budapest20190505.32.jpg

買い物欲は全くないのですが時間があるので
ぶらぶらと歩いていたら熊本ラーメンの店がありました。
作っているのは日本人ではないのですが、
当然ながら日本人が何人も食べており
それを見たら猛烈に食べたくなりました。
値段は高いと思ったのですが、願望を抑えきれず食べましたが
普通においしかったし、心に沁みるおいしさでした。
やっぱり日本人だな〜。

Budapest20190505.33.jpg

・・というわけで無事成田行きに乗り換え帰国しました。
久々の成田空港からのアクセスが時間的に悪くて
初めてスカイライナーに乗ってみたのですが
慣れてないせいかイラっとしました。
今回は大きなトラブルもなく、心配していた膝も傷まず
帰ってこれた・・と思っていたのですが、
帰国後、痛めた膝と反対の踵が痛み出し、
足底筋膜炎になりました。
これがもう数か月たっている今に至ってまだ完治しておらず、
パンプスは履けないのですが、
クッションの効いたスポーツシューズなら問題なく、
スポーツジムで運動できるようになってはいるので
一応ストレスはないですが、
なんかね〜もう思いっきり歳を感じた昨年でした。

いつもなら9月頃には次の旅行の事を考え始めるのですが、
その頃は次の事を考える気持ちになれず
結局最終決断したのは11月になってから・・・
他にもいろいろ悩む事がいろいろありましたが、
とりあえず久々にドイツに行くことにしました。
ミュンヘンではないのですが・・・

それはともあれ、初めての東欧、そしてウィーンは
噂通りとても良かった。
今回見ることができなかったところがたくさんあるので
また行けたらいいなあ。

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行┘屮織撻好抜儻

Apertura2020が開幕しました。
オリンピアはGeneral Díazと対戦で日本時間20日8時15分
キックオフとなるのですが、これといった画像もないので、
あともうちょっとの去年のGW旅行の話の続きです。

2019年5月6日(月)

今日はブタペスト観光です。
長かった旅行も今日でおしまい・・なのに雨でした。


朝食を食べ、今日はまずペスト地区のブタ城を目指し
バスにのりました。
ブタ城にそのまま行けるバスもありましたが、
ふもとからケーブルカーに乗っていきたいと思って降りました。
しかし、ケーブルカーは点検で動いていなかったのです!
このケーブルカー、映画ブタペストホテルにも出てきたらしく
とっても乗りたかったのに・・・・

Budapest20190505.19.jpgBudapest20190505.20.jpg

しばし呆然としてたらつかさず小型の周遊バンの
売り込みのお兄さんたちが寄ってきます。
観光ポイントを自由に乗り降りしてOKというものです。
一応、公式らしいし雨だし道に迷うのも嫌なのでそれに乗り、
まずはブタ城の入り口で降りました。

0地点
ハンガリー全土の起点となる0km地点で、日本で言えば日本橋ですね。
Budapest20190505.18.jpg

ブタ城は現在はハンガリー国立美術館や博物館になっているので、
外観から眺めるだけでした。

Budapest20190505.11.jpg

それからまた観光用バンに乗ってマーチャーシュ教会を目指します。

なんだかわからないけど遺跡の跡
Budapest2019050531.jpg

まずは三位一体広場を目指します。
この三位一体像は中世ヨーロッパで猛威をふるったペストの終焉を
記念して建てられたそうです。
ウィーンにもあった気がするので、本当に猛威だったのでしょうね。

Budapest20190505.13.jpg

三位一体広場に面して建っている教会がマーチャーシュ教会です。
13世紀に創建されたゴシック様式の教会ですが、
セラミックタイルのモザイク屋根はとってもかわいい!
写真いまいちですけどね。

Budapest20190505.12.jpg

Budapest20190505.15.jpg

ここにも皇妃エリザベート
Budapest20190505.16.jpg

ここでは観光客向けのコンサートがあるそうです。
今回は時間がなくて一度もコンサートを聴く事ができなかったことは
心残りの一つです。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行Д屮織撻好箸悵榮

今日も2019年GW旅行の続きです。

2019年5月5日

この日はこの旅行の最後の地ブタペストへ移動です。
例によってちょうどホテルにチェックインできる時間に
着くような電車を選びました。

チケットはオーストリア鉄道OBBのHPから買いました。
ウィーンからブタペストは本数もそこそこあるので
席を予約しなくていいかもしれません。
でも、スーツケースを持って席を探すのは大変なので、
やっぱり予約は必要かな。

予約は英語版で順調にできたのですが、
いざ出発する時に確認をしようとしたら
チケットがドイツ語になっている。
どれが席番号なのかわからなくなりました。
そういう時はチケット発行画面でブラウザのURLを
英語のenにかえてリロードするといいみたいです。
ちゃんと読んでおけばよかった・・・

参考サイト
オーストリア連邦鉄道ÖBB(Railjet等)のチケット予約・購入 徹底解説

そんなこんなで朝はゆっくり朝食を食べ、
快適だったウィーンのホテルをチェックアウトして、
ウィーン中央駅へ歩いて行きました。

ブタペスト行きが何番線かの表示がなかなかでないので
ちょっとドキドキしました。
この電車のほとんどが予約席になっていて
スーツケースを置くところがなくて足元に置く羽目に・・
でも電車の旅は快適でした。

東欧チックを感じたブタペスト
Budapest20190505.1.jpgBudapest20190505.2.jpg

国境を越えても特に何もなくブタペスト東駅に到着。
なんだか東欧の雰囲気プンプンでした。
南口を出て地下鉄2号線の乗り場へ向かいました。
でも、ハンガリーのお金に両替していないので、
クレジットカードで切符を買いました。

ブタペストのホテルはMedosz Hotelです。
2号線Budapest Keleti pályaudvar(東駅近く)から乗り
Deák Ferenc térで1号線に乗り換えて
Oktogonという駅から徒歩2分で、
十分にスーツケースを持って歩けるところです。

Budapest2019050530.jpg

ですが、この地下鉄1号線は世界で2番目開業したという
世界遺産になっている駅なんですね。
階段は20段くらいなんですが、スーツケース持つ身としては
エレベーターがないのは誤算でした。
でもホテルは値段の割にバスタブもついていたし、
ホテルを出るとすぐにATMがあって両替できるのは
とても便利でした。
とりあえずチェックインをして一休み・・・

Budapest20190505.8.jpgBudapest20190505.9.jpg

残念ながらブタペストは雨ばかりで薄手のダウンを
着るほど寒かったです。
ホテルで一休みしている間に雨が降ってきました。

ちょうどホテルのすぐ近くにフォアグラの美味しい店Menzaがあったので、
ここでフォアグラとグイヤージュで遅いランチです。
ここにも日本人いましたね。
特別フォアグラが大好きというわけではないのですが、
なかなか日本では食べられないお手頃価格だし、
グイヤージュ(ビーフシチューのスープ版?)
両方ともとても美味しかったです。

Budapest20190505.3.jpg

この日の夜はドナウ川クルーズを予約していました。
最初の計画ではプラハとウィーンに行くつもりでした。
たまたま見た旅番組でこのドナウ川クルーズを見まして
ドナウの真珠とやら言われてとても美しかったのですね。
ですので、旅行の最後はこの美しい景色を見て締めくくろうか
と思ってブタペストを組み込んだわけです。
その結果、あわただしい旅にはなりましたが、行って良かったです。
ヨーロッパもメーデー近くは混雑時期でもあるし、
あんまり遅い時間のツアーは嫌だったので、
予め日本で予約をしていきました。

お勧めはLegendaというところで
こちらは日本語表示にもなるので予約もわかりやすいです。
ワンドリンク付きで日本語でのイヤフォンガイドもあります。

参考サイト
【乗船レポ】ブダペストのドナウ川クルーズ〜事前予約の方法も詳しく解説!〜

本当は次の帰国前日に予約したかったのですが、
もう一つ予約する国会議事堂ツアーの英語バージョンが
全て埋まってしまって
最後の日なら選べたので最後の日にしたので
クルーズが先になりました。

というわけで遅めのランチを食べ終え、ちょこっと観光。
まずは聖イシュトヴァーン大聖堂に行きました。
エレベーターで上まで行けるというので行ってみましたが
天気がいまいちでちょっと残念。

Budapest20190505.5.jpgBudapest20190505.4.jpg

それからセーチェーニ鎖橋まで歩きました。
プラハのカレル橋と違って車も通るのでゆっくり写真を撮れません。

Budapest20190505.6.jpg

それから今夜乗るドナウ川クルーズの乗り場を確認し、
明日ツアーに行く国会議事堂の場所を確かめつつ一旦ホテルに戻りました。

クルーズは20時15分スタートを申込みました。
本当はもうちょっと早いのに乗りたかったのですが、
なにせこの時期夜景になるのは21時頃なので仕方ない。
一休みをして遅いランチだったのでスープとパンだけ食べて再び出発!

Legendaのクルーズ船乗り場はブタペストマリオットホテルの前です。
と言ってもトラムの線路があるので、
その下をくぐれる所が何か所かあるのでそこをくぐります。
席は早い物順なので少し早めに行ったら
ちょうど前のディナー付きの船が出発するところでした。
1人じゃなかったらディナー付きでも良かったなあ
と思っているうちにどんどん人が集まってきました。

小雨が降っていましたが写真を撮りたかったので
2階席でデッキ近くに座っていたのですが、
ここにも一人旅らしき日本人が何人かいました。
60分のツアーなので最後のほうはちょっと退屈しましたが、
夜景は本当に美しく、見る価値はあると思います。
のんびりとその夜景を見ている時間が持てて良かったです。

本当に美しい国会議事堂
Budapest20190505.10.jpg

帰りはトラムと地下鉄を乗り継いでいくはずが
例によって地下鉄の入り口がわからなくなって
ちょっと歩いてしまいました。
何のために下調べしたのやら・・・

明日はいよいよ最後のブタペスト観光です。

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行ΕΕーン観光

今日も2019GW旅行の続きです。

2019年5月4日(土)

この日はウィーンに来た人なら必ず行くであろう
世界遺産でもあるシェーンブルン城に最初に行くことにしました。
朝食を食べてさて行こうと思ったらスーツケースが閉まらない!
まだ移動もあるし、とりあえずガムテープを買うか
と思いホテルの人に聞いてみたら
ホテルにはないけど駅に売ってる店があるかも
と言われたのですがなかったので
それは観光の途中で買うことにして、
駅の構内でお土産をMannerで買いました。
ヘーゼルナッツクリームがサンドされたウエハースです!

Wein.jpg

そんなこんなで少し出発は遅くなった上に
地下鉄4号線Schönbrunn(シェーンブルン)駅に着いたのは
9時半くらいだったかな〜。
バスからツアーの団体は降りてきましたが、
まだ思っていたほど人がいませんでした。
一時間弱でお城の中を見学してから広大なお庭を歩きました。
オベリスクの泉等見ながらグロリエッテを目指します。

ローマの廃墟・・実際の廃墟ではなく作り物。
Wein20190504.1.jpg
ギリシャ神話がモチーフのネプチューンの泉
Wein20190504.2.jpg
グロリエッテ
Wein20190504.3.jpg
庭園内を周回するミニトレイン
Wein20190504.4.jpg
オベリスクの泉
Wein20190504.5.jpg
グロリエッテから見たシェーンブルン城
Wein20190504.6.jpg
藤が美しかった・・・
Wein20190504.8.jpg

グロリエッテの上にも登れるようですが力尽きました・・
この庭園には動物園もあってパンダがいるので見たい
と思いましたがもうとても歩けず残念・・
再びお城の入り口に戻り帰ろうとしたら
結婚式の写真を撮っているカップルがいました。お幸せに!!
見学を終えて駅に向かうとたくさんの人達とすれ違いました。
やはり行くなら午前中ですね。

それから昨日うっかりしてたモーツァルトの銅像にもう一度挑戦!
しかし行ってみたらなぜ私が見過ごしてしまったかがわかりました。
写真などでみたト音記号は真っ赤な花で作られていましたが、
その時は花が白くてちょっとまばらだったのですね。
だからうっかり見過ごしてしまったのでしょう。
季節によって色も変わるんでしょうかね。

Wein20190504.15.jpg

参考サイト 
シェーンブルン宮殿を観光してわかった!行き方・チケット・見どころを徹底解剖

お昼近くになりましたが朝食をしっかり食べたのでお腹空いてません。
で、ウィーンといえばザッハトルテということで
これまた王道のホテルザッハーに行きました。
当然のことながらここも15人位並んでいたのですが、
次に楽友会館のツアーを予約しているので、
そこに行くにはちょうどいいかなと思って待ちましたよ!
ここにもたくさんの日本人がいました。
チョコは大好きですがザッハトルテはそんなに好きじゃないけど、
食べてみました。普通においしかったです。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行ゥΕーンへ移動

今日も2019年のGWの旅行の続きです。

2019年5月3日(金)

この日はプラハから次の目的地ウィーンに移動です。
何時の電車にしようか予約するときにとても迷いましたが
ホテルにすぐにチェックインできる時間にしたので
この日の朝はのんびりと起きてちょこっと朝食を食べました。
早めに起きるとのんびりしすぎて結局あわただしくなる
という私の性格どおり、最終的にはバタバタでした。

参考にしたHP
プラハからウィーンまでの列車をネットで予約する


高速列車レイルジェットでプラハからウィーンへ移動する方法

最寄のI.P.Pavlovaから地下鉄で行くかトラムで行くか
とても迷っておりました。
地下鉄のメインの入り口にはエスカレーターがなく、
実はホテル前の通りの反対側にあったのですが、
その道路は4車線なのでスーツケースを引いてちょこっと渡る
ということはできません。
・・となるとかなり遠回りになったりするので
結局地下鉄で行きました。
行きはプラハ駅から地下鉄まで迷ったのですが、
すんなり行けました。
でも、プラハの駅の駅は大きくて何番線かを調べたり
たくさんあるホームまで行くまで
時間がかかりそうでちょっとあせりました。
最後にチェコの通貨を使って電車の中で何か食べよう
と思っていたのに忘れてしまいました。
でも、電車の旅はほっとしますね〜。
プラハ、本当に素敵な所でした。
まだ見たい所あるし、また来てみたい所です。

Wein20190503.1.jpg

一応国境を越えているのですが特に何もなく
プラハを10時50分に出発しウィーンに14:49分に到着。
ホテルはAustria Trend Hotel beim Theresianum Wien

ウィーン中央駅から地下道で
地下鉄U1Hauptbahnhof Sudtiroler Platz
の駅を目指しFavoritenstraßeの出口が近かったと思います。
ホテルからはKolshitzkygasseの入口が一番近いのですが、
ここは降りるエスカレーターがなかったので、
スーツケースがある場合はもうちょっと駅よりの入口を
利用すると良いと思います。
珍しくシティタイプのホテルでバスタブもあってくつろげました。
向かいにスーパーがあるのですが土日が早く終わるので注意!

ウィーンは見どころが一杯あってとても2日では足りません。
なので一休みをしたらまずは旧王宮を目指しました。
今回の旅行の計画を立てるうえで結構迷ったのが
シシィーチケットを買うかということでした。

シシィーチケットというのはホーフブルク王宮と
シェーンブルン宮殿とインペリアル・ファニチュア・コレクション

3か所が時間指定なしで優先的に入れるというチケットです。
今回は3つを見る時間がないので金銭的に考えれば損なのですが、
並ばなくても入れるというのは魅力。
散々悩んで出発間際にやっぱり買おうと思ったら
なんと5/2までソルドアウトとなっておりました。
うーんやっぱりメーデー近辺は混雑するんだなと思ってました。

というわけでウィーンについた夜に早速スマホで
チケットをゲットしたわけです。
結果的にはやっぱり買ってよかったです。
季節的に混雑が予想される時期に行かれる人にはお勧めします。

参考にしたHP
シェーンブルン宮殿 公式サイトでの予約方法からチケット料金まで徹底解説

シシィチケット購入HP こちらをClick!

で、地下鉄24時間券を買って旧王宮を目指しました。
やっぱりすごい人でした。
できればウィーンにもある世界一美しい図書館まで見たかったので
最初の銀器コレクションの部屋はパスして
シシーミュージアムと皇帝の住居を見学。
シシィーチケットのおかげですぐに入れたものの
中で人数制限をしているのか少し待たされました。

ホーフブルグ宮殿
Wein20190503.4.jpg

今までベルサイユ宮殿をはじめとしていろんな宮殿を見ましたが、
遠い昔の話という気がしていましたが、
有名な運動部屋とか見ているとここはすごく身近に感じました。
もし彼女が美人でなかった、違った人生があったとは思うけど、
本当にみんなに愛されていたというのを実感させられ
それはそれで幸せだったのではないかと思ったり・・・
中は写真禁止なのでありません。

ミヒャエル広場にある古代ローマ遺跡ウィンドボナ
Wein20190503.6.jpg

スイス宮の入口赤いスイス門
Wein20190503.5.jpg

見終わってウィーンの世界一美しい図書館と言われる
オーストリア国立図書館に行く前に
モーツァルトの銅像を見ることにしたのですが、
この時から雨が降り出してきました。
とりあえずささっと写真をとって図書館へ行こうとしたのですが、
近いはずなのにどこにあるかわからない!
ちょうど日本人の女の子がいたので聞いたけどわからず、
結局聞いたらそこだったという笑い話のような話。

ト音記号を入れてないことに気づかなかった・・
Wein20190503.6.1.jpg

プラハで見た世界一美しい図書館よりずっと広くて
中にも入れました。
美女と野獣に出てくるような図書館。
たくさんの書物があって世界地図もあったりするんだけど、
どこが日本なのかがわからない!
プラハもとっても美しかったけど、中に入れる分こっちが良いかな?

Wein20190503.3.jpgWein20190503.2.jpg

アウグスティナー教会を見たかったのですが、
雨が強くなってきたこともありなんだか疲労困憊して
しまって挫折しました。
本当は一度ホテルに戻りたかったけれど、
戻るともう外に出たくなくなるので
シュニッツェル(カツレツ)を食べにに行きました。

お店に行く前ににシュテファン寺院に寄りました。
やっぱり大きすぎて写真に収められません。

Wein20190503.7.jpg

目指したお店、Figlmueller(フィグルミュラー)
とても有名な店なので行列必至なのですが、
口コミで支店なら入れるということで支店に行ったら
こちらは予約だけなので本店に行けということで本店に行きました。
どう考えても30分は待つので一瞬悩みましたが、
もう別の店まで歩くパワーがなかったので待ちました。
ここも日本人が一杯いました。
噂通りの特大カツレツでしたが
とてもあっさりと揚げてあるのでサクサクしておいしいけど
とにかくでかい!
でもせっかくなので意地で全部食べ切りましたよ!

Wein20190503.8.jpgWein20190503.9.jpg

お腹いっぱいになっていましたがZANONI&ZANONIでアイスを食べ、
ホテルに戻りました。
ホテルのすぐ近くにスーパーがあるのですが
土曜日は早く閉まってしまうので注意です。

Wein20190503.10.jpg

夜景も素敵なシュテファン寺院
Wein20190503.11.jpg

ウィーンのホテルは久々のシティホテルで
バスタブもついてのんびりできました。
明日はどこへ行こうかとガイドブックを見ていたら
モーツァルトの銅像の前にト音記号があるはずなのに
銅像だけ写真撮ってきてしまった事に気が付きがっくり。
ある意味ウィーンを象徴する場所であるので
もう一度行くことにして就寝。
そしてこの日も無事終わりました。

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行ぅ船Д好ークルムロフ

今日もこれといったニュースもないので2019年GW旅行の続きです。

2019年5月2日(木)

スープ、パン、ヨーグルトなどで簡単に朝食を澄まして
今日は街全体が世界遺産に登録されていて
チェコで一番美しい街と言われているチェスキークルムロフ
へ行きました。

チェスキークルムロフまでは往復バスで行きました。
ここはとても人気な所ですし、
メーデー近辺はどこも混雑をしているので
バスの予約は結構早めにしました。

チェスキークルムロフまでいくつかバス会社があるのですが、
Student Agencyがお勧めという記事が多かったので
こちらで予約しました。

参考にしたHP
Student Agency HP  こちらをClick!

プラハからチェスキークルムロフの行き方!バスが一番安くて簡単!

一番迷ったのはチェスキークルムロフ
どのくらい滞在するべきかということでした。
せっかく個人で予約していくのだから、
のんびりしたいとは思いますが、プラハ滞在が短いので
できれば明るいうちにはプラハに戻りたい。
いろんなブログを拝見したのですが、早めに夕食を食べて戻る人、
さくっと見て戻る人、日帰りにもいろいろあって迷いました。
乗車時間はだいたい2時間なので結局、
行きは9時で帰りは16時のバスを予約しましたが
見所を大体見て、軽くランチをしてちょうどよい時間でした。

地下鉄で行くとB線Anděl駅からすぐなのですが、
私のホテルの最寄の駅はC線I.P.Pavlovaからだと乗り換えが必要。
トラムで行くとNa Knížeciというところまで乗り換えなしだけど
バス乗り場まで少し歩く。
どちらが良いのか迷いましたが、
方向音痴なのでバスに乗り遅れないよう地下鉄で行きました。

Anděl駅を降りるとまだ時間があったのでトイレに行ってから
乗り場に行ったのですが、
ここでも日本人はたくさんいました。
私が申し込みをしたときはまだほとんど空席だったのに
さすがメーデー前後だけあって同じ時間にバスは2台ありました。

cesky krumlov20190502.1.1.jpgcesky krumlov20190502.2.1.jpg

そうそう、前日にこのバス会社からメールが来ていました。
去年の事があったのでメールを見た瞬間ビビったのですが、
このバスには添乗員が同行しません。ごめんなさい。
でも運航は変更ありませんよ・・という内容でほっとしました。
ちなみに帰りの添乗員?は無料のドリンクを配布したり、
有料の飲食を販売していました。

バスの中は飛行機のように個人画面あるしWi-Fiや充電器もあります。
トイレは中ほどの階段の横にあるのでわかりにくいけど、
一応あるので安心です。

チェスキークルムロフに近づく頃になると渋滞してきて
到着予定時刻より15分位遅れたと思います。
ハイシーズン等の時期によってはこういう事もあることは
予定を立てると時に考慮するといいですね。

事前にチェスキークルムロフのバス停の雰囲気は
行った方のブログで確認していたのですが、
バスターミナルは新しくなってわかりやすくなっていました。

さて、まずはチェスキークルムロフのお城をめざして
歩き始めたのですが、
このバスターミナルから坂を登って行くと
大きな道路にでるのですが、ほとんどの車はここまで。
チェスキークルムロフに宿泊するときは
そこからスーツケースを持って歩くのかな??

郷土博物館前の広場が展望台になっていてお城や街並みが
一望できるので最初の写真スポットとなります。

cesky krumlov20190502.2.jpg

しばらく歩くと聖ヴィート教会があります。
ゴシック様式の小さな教会です。

cesky krumlov20190502.5.jpg

もう少し歩くとチェスキークルムロフの旧市街中心地である
スヴォルノステイ広場に到着。

cesky krumlov20190502.6.1.jpg

壁はだまし絵
cesky krumlov20190502.6.jpg

ここからお城をめざすつもりがなぜか
お城と庭園をつなぐ回廊があるブラーシュティ橋
近くに来てしまいました。
この回廊からの景色がチェスキークルムロフの定番スポット。
下から写真だけとって、城の入口へ向かいました。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行プラハ観光Part2

今日も昨年のGW旅行の続きです。

2019年5月1日(水)

プラハ城を見学してカレル橋へ向かいます。
プラハ城正面から下り坂を歩いていくのが一番わかりやすいので、
ちょっと膝が不安でしたがゆっくりと降りて行きました。

prague20190501.21.jpg

マラ・ストラナ地区の一角に突然、落書きだらけの壁が現れます。
この壁はジョン・レノンの壁と呼ばれていて、
ジョンの肖像やピースマークなどが壁一面に描かれています。

prague20190501.22.jpg

そもそもはジョン・レノンが撃たれたという悲報を聞いた若者が
彼を弔うためにメッセージを残したことが始まりで
その後ジョンを平和のシンボルと感じた若者たちが、
共産体制下、非合法だったビートルズの世界や思いを
この壁に書き込んだそうです。
オノ・ヨーコも訪れてメッセージを書いたそうですが、
絵は何度も消されて上書きされてしまっていて
単なる落書き?って気がしないでもないです。
近くにはビートルズにちなんだパブもあったりします。
この辺は川沿いでなんかゆったりした素敵な場所でした。

prague20190501.23.jpg

カレル橋は人専用で車は通れません。
土産物の露店もあるしたくさんの人であふれていました。
左右の欄干には聖人たちの像があり、その中には日本に来日した
聖フランシスコ・ザビエルの像もあります。
でも一番人気は聖ヤン・ネポムツキーの像です。
30体の中で唯一、銅製の彫像なので色も緑っぽいし、
緑っぽい色をしています。頭の上には金色の5つ星が輝き、
台座のレリーフに触れると幸せが訪れるというジンクスがあるので
行列ができていました。
もちろん私も皆が触れてピッカピカに輝やく犬を撫でてきました。

prague20190501.24.jpgprague20190501.29.jpg

橋の先には旧市街側の橋塔があるのですが、
その手前からモルダウ川をはさんでプラハ城を見る景色はとても素敵です。

prague20190501.30.jpg

橋塔は登れるので登ってみたかったのですが、
今回は膝がまだ完治していなかったので、あきらめました。
そのまま旧市街をブラブラ歩きました。

prague20190501.31.jpg

プラハ観光の中心地でもある旧市街広場には
たくさんの人がいました。
旧市庁舎、ティーン教会、聖ミクラーシュ教会、
ゴルツ キンスキー宮殿
などここだけでも見どころ満載。
でも、メーデーだったからか特別なイベントがあって
中を見学できない教会がいくつかあってちょっと残念でした。
続きを読む >>
permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行▲廛薀牢儻Part1

オリンピアのプレシーズンが始まったのですが、
まだこれといった画像もないので今日も昨年のGWの話です。

2019年5月1日(水)
あんまり眠れなかったけど起きて朝食。
冷蔵庫のヨーグルトを取るときに、キッチン付きだったことを
思い出して、ナイフはないのかと調べたら引き出しにありまして、
昨日のミネラルウォーターのふたを開けることができました〜。

この日はメーデー、
ここ数年どこに行ってもメーデーはすごい人なので、
今回はプラハで市内観光するか
チェスキークルムロフに行くかとても迷いました。
結局プラハ観光にし、とりあえず早めにプラハ城へいくことに
していたのですが、案の定予定より遅くなりました。

プラハ城に行くにはいくつか行きかたはあるのですが、
I.P.Pavlovaから22番トラムに乗るのが一番楽でしたので、
地下鉄の駅でプラハ城北門Prazsky hradで下車しました。

参考にしたHP
チェコのプラハ城を観光してわかった!行き方・チケット・見どころを徹底解剖

プラハ城 行き方・営業時間・チケット料金・所要時間などを解説

なんとなく人の流れに着いて行くとお城に入る前に
セキュリティーチェックがありましたが、
さほど時間もかからず門の中に入ります。
ずずっと中にはいっていくと聖ヴィート大聖堂があり圧倒されます。

写真に納まらない!
prague20190501.1.jpg

チケットを買うのに結構な列ができると聞いていたのですが、
何か所かあるチケット売り場はどこも15人くらいしか並んでないので
近くの第二の中庭のインフォメーションセンターで
聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔が
見られるBコースのチケットと写真撮影代チケットを買いました。

人がまばら・・第二の中庭にある聖十字架礼拝堂
prague20190501.2.jpg

あれ、メーデーなのにこんなに人少ないの?と思いながら
まずは聖ヴィート大聖堂に入ろうと思ったら、
日本人ツアー客と一緒になり、
添乗員の人が「入る前にトイレに行っておいてくださいね。」
と言っていたので私も・・・(笑)
聖堂の入口から見て3番目に飾られている
ステンドグラスがチェコ芸術の最高傑作と
言われているミュシャが制作した聖キリルと聖メトディスです。
本当に圧倒的な美しさでした。

prague20190501.4.jpgprague20190501.3.jpg

聖ネポムツキーの墓
カレル橋に像がある守護聖人聖ヤン・ネポムツキー
prague20190501.5.jpg

チェコの守護聖人ヴァーツラフ1世に捧げられた聖ヴァーツラフ礼拝堂
prague20190501.5.1.jpg

それから聖イジー教会
続きを読む >>
permalink | comments(0) | - | ▲ top

2019GWプラハ・ウィーン・ブタペスト旅行.廛薀呂

さて、ロケともサッカーとも関係ない話ではありますが、
自分の備忘録として昨年のGWの旅行を書留めようと思います。

おととしはフライトキャンセルやロストバゲージとか
大きなアクシデントがあったので、
今年はもう海外旅行はお休みしようと思っていましたが、
めったにない10連休でもあったし、
家の事情も旅行が許されそうだったので行くことにしました。

ロケがパラグアイに戻ってしまってからは
錦織ナダルを応援するためテニスを観戦してました。
でもそれをするとテニスに数日拘束されるし、
テニス観戦後の移動で飛行機は使いたくなかったので、
今年はすっぱりスポーツ観戦はやめて
1週間程度、純粋に観光しようと思いました。

のんびりしたいので最初はクロアチアを考えました。
ただ、GW当たりは日本同様まだ気候が安定しないので、
せっかくリゾート気分になっても雨になったり寒かったりすると
ちょっと残念だなと思い
前から友達にプラハは女子向きで絶対良いよと言われていたので、
音楽の都であるウィーンと併せて行くことにしました。

しかしたまたま見た旅番組でブタペストの夜景クルーズが
とても素敵だったので、ついでにいっちゃえとしたことで
今回の旅行がちょっとあわただしいものになってしまいました。

まだまだやりたいことができるお年頃ではありますが、
正直それをやってしまうと後にツケが回ってくるお年頃でも
あるんですね。
実際、昨年1月頃にジムで頑張ってしまったら軽い膝の変形関節炎になり
4か月位ストレッチやピラティスくらいしかできず、
ひたすらマッサージに通っておりました。
でも、行く頃には奇跡的に痛みはなくなっていたので、
ほっとしました。

・・ということで3か国行くこといしたので
ガイドブックを3冊買っても持っていくのが大変なので
ネットで自分の欲しい情報を集めて
行きたいなと思ったレストランを
自分でGoogleドキュメントにまとめたり、
気に入った情報のあるHPを2ページを1枚に縮小して
ガイドブックのようにして持ち歩いておりました。
観光し終わったら捨ててこられるし
スマホにも役立ちそうなHPを国ごとのフォルダーでブックマークしたり、
地図に印をつけておいたりしておきました。
サッカー観戦旅行を始めた頃とは大きな違って便利になりました。
そんなこんながありまして今回の旅行も始まりました。

2019年4月30日(火)
GW真っただ中の羽田空港はさぞかし混んでいるのではないか
と思って少し早めに家を出たのですが、
いたって順調に空港につき、税関チェックも終了。
物欲もないので免税店もよらないので時間が余ってしまい、
エポスカードで使えるラウンジで旅行の事を考えていました。

最初にフライトを予約した時にざっと予定をたてて
ホテルも予約していたのですが、
だんだん近くになっていろいろ細かいところを
予約したり考えなくてはならなくなったところで
膝のトラブルが思うように治らないし、
今回はただの旅行だけだなと思うと
なんだかテンションがあがらず決断できないうちに
予約しようとした日がもう一杯になっていたりして
また計画変更したり結局、いつものようにバタバタしてました。

まずはパリ・シャルルドゴール空港は向かうわけですが、
機内ではあんまり眠れなくて映画を見たりしてました。
シャルルドゴール空港は何度も来ているのに、
いつも初めてのような気がする空港です。
でも、時間は余っているしのんびりと次のプラハ行きを
待っておりました。

通常、移動は公共機関を利用する主義なのですが、
プラハ空港からいわゆるリムジンバスのようなものはあるのですが、
それが停まる所から私が宿泊するホテルまで地下鉄やバスで
移動しなくてはなりません。
方向音痴の私にとって初めて行く場所でそろそろ暗くなる頃に
スーツケースを持っての乗り換えは苦手なので
いろいろ考えたあげく、Prague Airport Transfersという定額の
相乗りタクシーを利用することにしました。
予約も日本語サイトがあるし、先払いしておけば安心。

Prague Airport Transfers のHP  こちらをClick!

◆参考にしたHP プラハ 空港から市内へのアクセス方法を移動手段別に徹底解説
こちらをClick!

空港に着いてスマホの電源をいれたらもう着いてますというSMが
来ておりました。
チェココルナは持っていなかったので、
空港のATMでキャッシングをしました。
実質2泊でユーロは持っていたので1万円もあれば十分と思い、
10000コルナをキャッシングしたら10000コルナ札が一枚出てきて
使いにくなと思ったけどしかたない。

荷物を受取り到着ホールを出ると、
名前のプラカードを持った人が立っていました。
私の場合もう一組がなかなか到着しなくて20分近く待ちましたが
これはルールなので仕方ない。
お詫びの意味もあったのかロビーからワゴン車まで荷物は運んでくれたし、
ホテルまで届けてくれて、
ミネラルウォーターや地図やクーポンなどももらいました。
そんなわけでちょっと待ち時間がありましたが薄暗くなった時間に
初めての国での利用は正解だったと思います。

今回のホテルはAnyday Apartments  
最初はカレル橋まで歩いても行ける旧市街のホテルを選んだのですが、
ちょっと高いし、旧市街のごちゃごちゃしている所のホテルより
少し離れても移動がしやすいホテルが良いかなと思って
変更をしたのですが、これは正解でした。
このホテルの地下鉄やトラムのI.P.Pavlovaの駅にちかく、
ここからプラハ城へ行くトラム も出ていたし、便利でした。
次のウィーンは電車だったので地下鉄C線なら
中央駅Hlavni Nadraziに乗り換えなしで行けます。
部屋はアパートメントタイプなので2部屋5ベッド、キッチン付き
なので一人ではもったいない気がしました。

大きな通りに面しているけど入口はホテルっぽくない
prague.jpg

レセプションは24時間人がいるとのことで安心です。
実はここのカギがカードキーではなくて私の苦手なタイプのカギだったので、
開けるのも締めるのもできなくて、
レセプションの女性にていねいに教えてもらいました。

近くには24時間開いてるスーパーがいくつかあって、
そこで飲み物やヨーグルトなどを買って早速お札を崩しました。
ホテルに戻ってシャワーを浴びてから夕食。
いつものように持ってきた最初の夜はカップ麺を食べました。

ここで買ってきたミネラルウォーターを開けようとしたのですが、
全然開かない。
よく見るとちょっとひねるくらいじゃ開かないんじゃない
と思うくらいしっかりくっついている。どういうこと??
2リットルを買ってしまったのでレセプションに持って行って
開けてもらおうかと思うけどパジャマ着てしまったし、
とりあえず乗り合いタクシーでもらった水もあったので、
そのままにして寝ました。

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | - | ▲ top
| 1/1 |
top page
TweetsWind