No.24

La cronica de Roque Santa Cruz
ロケ・サンタクルスの記録・・・古巣オリンピアに復帰!パラグアイ代表も応援してます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2011GWボルトン戦観戦 Part4 | main | 残留決ってお疲れ様! >>

天国と地獄の最終節

一足早くスペインリーグは最終節の試合が終り、
マドリーは今シーズンの憂さ晴らしとでもいうのか
8点も獲ってましたね。
この結果、ディポルティーボ、エルクレス、アルメリアが
降格となりましたが、ディポルとエルクレスには
モレル・ロドリゲスアエド・バルデスがいるので、
この二人の動向が気になります。
セリエAは今日一斉開催ですが、セリエBの方では
エドガー・バレットのいるアタランタが昇格を決めてます。
これでまたセリエAでバレットが見られるね!

というところですが、Roversにとって今日は本当に大事な試合です。
勝てば問題なく残留なんですが、それ以外がどうなるのか?
引き分けだと他会場の結果次第なのですが降格の可能性があり、
負けた場合は他会場の結果次第では残留の可能性があります。
たぶんウィガン、ブラックプール、バーミンガムのうち
2チームが負けたら、Roversは残留なんだと思いますが、
それ以上のことはよくわからない状況です。
とにかく簡単なのはこの試合で勝ったほうが残留ということです。

気になるのはマンユーと戦うブラックプールですね。
昨日のバルサもCLに備えてほとんど2軍で戦ったので、
マンユーもそうなるのではないかと思われます。
ホーム最終節に仮に負けても既にリーグ優勝はしているし、
CL優勝の方が大事かも?
ファーガーソンだからなあ・・・

ちなみにバーミンガムはカーリング杯に優勝していて、
EL出場(予選から)できるらしいのですが、
降格しても出られるのかな?
そういうことモチベーションになるかも?

まあそんなこんなであれこれ考えてもよくわからないので、
とにかく自分達の試合に勝つことだけを考えるRoversなのです。

そんな大切な試合の前にロケのインタがありました。
ローン移籍中のロケはRoversに残りたいと希望しているので、
ロケにとっても大切な試合であります。
いつものようにさくっとお知らせ。

ROQUE SANTA CRUZ'S BLACKBURN HELL

「ここでプレーを楽しんだし、
ブラックバーンをプレミアリーグに留めたいです。
それから、来シーズンに何が起きるのか見てみましょう。
今日ゴールし、厳しい時間の中でネットを揺らすことは
素晴しいことでしょう。
誰にとっても素晴しいことになるでしょう。
最初にゴールするたびに私たちは試合に勝つチャンスを得てます。
だから私たちは先制点を挙げことを確かにし、
他のチームにプレッシャーなしにプレーしなければならないです。
私たちは今、最高の対戦でのプレーをするうちの一つです。
最初に得点すれば、他のチームにとって状況は厳しくなります。
どんなゴールも重要です。
そして今、最後の試合で得点した人は誰でもが
私たちのために大きな仕事をします。
この試合は(今シーズン)最後の試合であり、
プレミアリーグ残留ができるための試合なので、特別な試合です。
もちろんこの試合でゴールできたら
私にとってすごいことだと思います。」

「このような(降格が)最終節で決まるような試合は
私にとって初めてのことです。
シーズン最初から、私がここに来る前にさえ、
目標はトップ10で終わることでした。
しかし私たちは失ってはいけないポイントを
数ポイント失いました。
今振り返ると、それが私達をより難しくさせました。」

「このリーグは非常にタフです。
すべてのクラブはとても良く準備されています。
チームのメンタリティに関して
私たちはこれ(降格争い)にのめりこんではいけないと思います。
しかし、私達は他の試合で起こっている事に目を向けずに、
最後の試合をする必要があります。
私たちは自分達の手の中に試合があり、
私達が必要な結果を得るために集中する必要があります。
唯一ポジティブなことは、私達が他の誰もを
頼りにしなくてもいいということで、
勝ち点3を獲れば誰も心配する必要がないことです。」

「私にとってここで、難しかったです。
求めているリズムに戻る時間が必要だということは
知っていました。2年間それほどプレーしていませんでした。
それが試合でリズムを取り戻すのが難しいことがわかりました。

たとえ得点する可能性があっても、
そうしなかったことはがっかりし、イライラさせました。
ほんの少しの場面では気分がよかったし、
チームはチャンスを作るのに苦労しました。
ブラックバーンとシティは来シーズン、私をEwoodParkに
留まる事に関してまだ話をしているので、
私は静観しなければなりません。」

・・・・・
ロケのオリンピア時代の事はよくわかりませんが、
バイエルンに移籍して以降は、
バイエルンで優勝をかけた最終節というのはありましたが、
最終節で降格をかける試合をするのは初めてですね。
ブラックバーンに残りたいと思うロケにとって、
降格してしまっては、全てが白紙になってしまいます。
ロケだけでなく、全ての選手にとっても、
クラブにとってももちろんサポーターにとっても
残留か降格では天と地との違いです。

というわけで、どうぞ皆さんも日本からも大いなる声援を!
そしてロケがビッグチャンスをつかみますように!

JUGEMテーマ:スポーツ
permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲ top

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suertepy.jugem.jp/trackback/2496
この記事に対するトラックバック
TweetsWind