No.24

La cronica de Roque Santa Cruz
ロケ・サンタクルスの記録・・・古巣オリンピアに復帰!パラグアイ代表も応援してます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< General Díaz戦はスタメンかも? | main | 2016Clausura 第10節:General Díaz戦も勝利で首位キープ! >>

2016GWスペイン旅行:サンセバスチャンに日帰り旅行

今日も先日のGWのスペイン旅行の続きです。

2016年5月6日(金)

この日はサンセバスチャンへ行きました。
朝食のトーストを食べ、支度をし、
バスターミナルのあるサン・マメスまで地下鉄で行きます。
サンセバスチャンは人気の街ですから
AlsaのとPesaのバス会社がビルバオからバスを出しています。
予めバスの時間を調べて置いた方がよいと思います。
なお、San Sebastiansのことはバスク語のDonostia
表示されていることが多いので注意!

sansebastian2.JPG

Pesa HP  こちらをClick!
Alsa HP  こちらをClick!

旅行者にやさしくなった? サンセバスチャンの新バスターミナル

サンセバスチャンのバスターミナルを出ると
何人かの日本人の方をみかけました。
今回の旅行でマドリードの次に日本人に会った街。
日本人は美食に弱いのかな〜

sansebastian.1.JPG

大聖堂 Artzain Onaren Katedrala
sansebastian3.JPG

さて、まずはお腹がすいたのでサンタマリア教会の近くにある
Sirimiriをめざしましたのですが、
ここは夜のみなのかオープンしてませんでした。

sansebastian5.JPG

それでその隣のAtari Gastrotekaに行きました。
ちょうど昼時だったので混んでいたので一つだけ食べて出てきました。

sansebastian7.JPGsansebastian6.JPG

食後は目の前にあるサンタマリア教会に行きました。

sansebastian4.JPG

そして次に行った店はZeruko
ここではフォアグラとかウニのグラタンとか食べましたが、
どれもおいしかったです。

sansebastian12.JPGsansebastian8.JPGsansebastian11.JPGsansebastian10.JPGsansebastian9.JPG
お腹も一杯になったので観光です。
サンセバスチャンはコンチャ海岸や市内が見られる丘が二つあります。
一つがモンテ・ウルグルでもう一つがモンテ・イゲルド
まずは近くのモンテ・ウルグルを目指しました。
30分弱歩くと頂上に着きます。
モタ城から見た景色は気持ちの良い風が吹き最高でした。

sansebastian13.JPGsansebastian15.JPGsansebastian16.JPG

下まで降りたら次はモンテ・イゲルドを目指します。
行きは町中からバスに乗ってフニクラ(ケーブルカー)の
乗り場まで行きました。
帰りは頂上からバスが出ているとあったのですが、
乗り場がちょっと離れているところだったので、
結局またフニクラで降りてきたので、
ここは最初から往復を買ったほうがいいかもしれません。

sansebastian17.JPG
sansebastian18.JPG

こちらの頂上からはコンチャ(貝)の形をした
美しい海岸が見わたせて本当に気持ちが良いです。
向こうに見えるのが先程登ったモンテ・ウルグル
手前の小さな島がサンタ・クララというそうです。

sansebastian19.JPG

頂上にはちょっとひなびた遊園地がありました。
一休みをしてフニクラで降り、
帰りはバスには乗らず海岸沿いを歩いて戻りました。
まだ海の水は冷たいとは思うのですが、
海や日向ぼっこをしている人たちを見ているだけで
気持ちがリフレッシュしてきます。

sansebastian20.JPG

ビルバオに戻る前にもう一軒バルに行きたいと思っていたのですが、
ほとんどがランチの後は夜までお休み。
明日もう一度来ようかと思ったくらいがっくりしました。

心残りではありますが、ビルバオに戻ります。
サン・セバスチャンのバスターミナルに戻りバスに乗り
居眠りしながらビルバオに戻りました。
一旦ホテルに戻り一休みをしつつ
食事に行く店を検討しました。

この日はブログ等で見た店でどうしても行きたい店がありました。
いろんなブログに紹介されていたLa Viña del Ensanche
という店です。
たくさんある料理のうちフォアグラと卵のピンチョは
絶対食べたいと思っていました。
お店にはメニューが紹介されているタブレットがあるので
言葉が通じなくても安心して注文できるということでしたが
この店の混み方は半端ではないです。

しかもこの店の店員もめまぐるしく働いているので
英語を話すのも気後れしてしまうような私には声がかけずらい。
とりあえず席に座るのはあきらめてカウンターで
食べることにしました。

どうやらカウンターは軽く食べたり飲んだりする人、
席に着く人は食事をする人という感じで、
カウンターの人にはタブレットが渡されないのですね。
で、食べたいメニューの名前もわからないので困った私は
スマホで他のブログで見た写真を見せて注文しました。
このピンチョ(Pintxo de foie y huevo)は
フォアグラ、卵、マッシュルーム、マッシュドポテトで
できていておいしかったですよ。
でも、この店は落ち着かないのでこれだけ食べて出ました。

bilbao0506.2.JPGbilbao0506.3.JPG

飲んでいるのはモストというノンアルコールワイン。
ブドウジュースとの違いは
ワインを作る時に出た果汁をジュースにしたものだそうです。
お酒が飲めないのでモストは何度も飲みました。

そしてそのお店の隣のBar El Globoに入りました。
こちらも先程の店と同じ位混雑していて、
店員に声をかけるタイミングもつかめない私。
それでもなんとかチャングロ蟹
こちらもとてもおいしかったです。

bilbao0506.4.JPGbilbao0506.5.JPG

この二つの店はモユア広場の近くだったのですが、
素敵な夕暮れを見ながらのんびり歩きながらホテルまで戻りました。

bilbao0506.6.JPG

ホテルに戻ると明日どこへ行くか考えました。
ずいぶん前からビルバオに行く事は決めていたのに、
テニス観戦のこととかに気を取られていて
ビルバオの事はあまり調べる時間がなかったのですね。
最近美食の街としてバスク地方が注目されているとはいえ、
ガイドブックではまだまだ扱いが小さいので、
情報はネットが頼りになります。

もう少し時間があったら行って見たかったところが二つありました。
一つはサンタンデールに近いComillas(コミーリャス)にある
ガウディのエル・カプリチョ邸
もう一つはスペインの万里の長城と言われ
世界の凄い階段7選に入っているらしい
サン・フアン・デ・ガステルガチェ教会です。
しかしどちらもとても行きにくい所にあるんですね。
興味があれば↓の記事をご覧ください。

海の上に浮かぶスペインの万里の長城!【サン・フアン・デ・ガステルガチェ教会】


ガウディ作の建物は北スペインにもあります!〜El Capricho de Gaudí〜


なんとかエル・カプリチョには行けないかなと思ったけど、
日に数本しかバスもないようなので今回は準備不足で無理。
サンタンデールかゲルニカか・・・
結局結論の出ないまま寝てしまいました。

・・・続く

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲ top

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
TweetsWind