No.24

La cronica de Roque Santa Cruz
ロケ・サンタクルスの記録・・・古巣オリンピアに復帰!パラグアイ代表も応援してます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2016Clausura 第10節:General Díaz戦も勝利で首位キープ! | main | グアラニー戦に500人の子供たちを招待 >>

2016GWスペイン旅行:ゲルニカへ小旅行

今日もGWのスペイン旅行の続きです。

2016年5月7日(土)

朝起きて朝食を食べながらオーナーのおじさんを探しました。
明日は帰国の日なので、
朝食を食べたらすぐにホテルを出なければなりません。
それで今日のうちにチェックアウトしたいなと思ったのです。
おじさんにつたない英語で説明したのですが、
おばさんと違っておじさんは英語はあまりよくわからないようで、
PCの翻訳機を使って話をしました。
当然、スペインのPCなので日本語は打てないので、
それなら最初からスマホを使えば良かったですね。
おじさん曰く、明日朝食後で大丈夫だよと言ってくれました。

朝食を食べてからまた部屋で悩んでいたらどんどん時間がたち、
とりあえず海があるサンタンデールに行こうと思って、
またサンマメスのバスターミナルまで行ったのですが、
タッチの差で間に合いませんでした。トホホ。

せっかくここまで来たので、アスレチックビルバオのスタジアム、
サンマメスに行ってみました。
残念ながらここではスタジアムツアーというものはないのですが、
帰国してから知ったところによると
スタジアムの中を見ることができるバルが
オープンしたそうです。見たかったなあ。

bilbao0507.1.jpgbilbao0507.2.jpg

サッカーの試合がない日でもスタジアムの中を見ることができるバルがオープン! 〜La Campa de los Ingleses〜

サンマメスをぐるっと回りながら
どーしようかと悩んでいるうちに時間もたち、
結局一番近いゲルニカに行く事にしました。
それでバスが出るAbandoまで行くために地下鉄に乗ったわけですが、
ここで地球の歩き方をバスターミナルのトイレに
忘れてきたことに気づきました。
ロケがベティスに行った時に買った本ですから古いし、
もう明日は帰るしボロボロなのでもういいか・・
と思ったのですが、愛着もあったし盗まれているとも思えない
と思い戻ってみたら、やっぱりありました。日本語だもんね。

そんなこんなしているうちにますます時間が遅くなり
もうお昼近くになっておりました。
ゲルニカまで行くバスはA3514A3515で約45分らしいので
取り戻した古いガイドブックを見ながらまずはAbando駅に向かい、
ゲルニカに行くバスの停留所を探したのですがわからず
何人かに聞く事になりました。
おまけに土日は30分に1本とあるだけなので
ここはHPで時刻表を調べてくるべきでした。

でも運よくバスは10分位待ってたら来て
のんびりとしていたらゲルニカに着きました。
帰りはEusko Trenの電車で帰ろうと思っていたので、
バス停のすぐ近くの駅に寄って時間を調べてから街歩きです。

ゲルニカのバス停
bilbao0507.3.jpg

まずはゲルニカ平和博物館の近くの案内所で地図をもらいましたが
HPにもアップされていました。

bilbao0507.10.jpg

ゲルニカの地図がるHPは こちらをClick!
そしてまずバスク議事堂を目指します。
ゲルニカというとピカソの絵を思い出すと思うのですが、
そもそもスペイン内戦中にゲルニカの街が爆撃を受け、
街は破壊され死者も大勢出た悲惨な状況をピカソが聞いて
描いた絵があのゲルニカなのです。
つまり日本でいう広島や長崎のような意味のある街です。

そんなひどい爆撃を受けた中で残ったのがバスク議事堂であり、
ここにあったゲルニカの木なのです。
ゲルニカの象徴であるこの樫の木は19世紀始めに植えられた
二代目の木らしく今はもう幹だけです。
現在は4代目が元気に育っているそうです。

bilbao0507.6.jpg

建物の中の天井のステンドグラスも素敵です。

bilbao0507.7.jpg

裏はサンタ・クララ修道院
bilbao0507.8.jpg

それからゲルニカの壁画を目指したのですが、
その途中でエウスカル・エリア博物館(Museo Euskal Herria)が
無料だったので暑かったので入ってみました。
さくっと見学しつつトイレも借りました。

そしてこれがゲルニカの壁画です。
特に何があるというわけではないのですが、
ここで改めてこの絵を見ながら平和のありがたみを考えました。

bilbao0507.9.jpg

他にもゲルニカ平和博物館とかあるのですが、
この手はちょっと苦手なのでスルーして帰ることにしました。
せっかくなので帰りはバスク鉄道Euskotrenでに帰る事にしました。
既にSuicaのようなbarikは使い果たしていました。
チャージしても良いのですが明日は帰国だったので
予め着いた時に切符を買っておきました。
しばし電車が来るまで写真など撮ったり・・・
のんびりと電車に揺られている時間は癒しの時間でした。

bilbao0507.11.jpg

この電車はビルバオのAtxuri駅に到着します。
遅くなったけどランチです。
ゲルニカでランチをしようかとも思ったのですが、
昨日行ったLa Viña del Ensanche
再チャレンジしたかったのですね。
時間は3時をすぎていたのですが、
それでも席は空いていませんでした。
今日は食事をしたいと伝えて席を待ちました。
席に着いたらタブレットを渡されメニューを検討します。
お店のHPにもメニューはあるので、
それで予め悩んでおくのもいいかもしれません。
この日はしばらく野菜を食べていなかったので、
野菜を炒めたものとまたまたフォアグラ、美味しかったです!

bilbao0507.12.jpgbilbao0507.13.jpg

再び歩いてホテルに戻る途中で雨が降ってきました。
最初はたいしたことないかなと思っていたのですが、
ゲリラ豪雨のような雨になり雷もなってきました。
明日はいよいよ帰国でもあるし、
一休みをしたら、もう一度ビルバオの街を歩いてみよう
と思っていました。
でも、ゲリラ豪雨のような雨は納まったものの、
依然雨は止まないので散策はあきらめました。

ビルバオの駅中のステンドグラス・・素敵!
bilbao0507.4.jpg

ビルバオは雨が多いので日差しをあびるために出窓が多いらしいです。
bilbao0507.17.jpg

地下鉄の入口も凝っています。
bilbao0507.15.jpg

Bertizというパン屋さん。
bilbao0507.15.jpg

今回の旅行で雨に降られたのは最初のクエンカとこの日だけ。
実は旅行中のスペインの天気はとても不順で、
マラガやマドリードでも結構雨が降っていたのに、
それは全て私が滞在した後でした。
天気に恵まれるというのは旅行で一番の事ですよね。
最後の一日位我慢かな?

とはいえ、お腹がすくので食事には行きました。
雨が降っていましたが、日曜日だったからか何か催しがあったのか
ヌエバ広場にはたくさんの人達がいました。
結局初日に食べたLa Ollaに行き
これでもかとフォアグラなどを食べました。
これもおいしかったです。

bilbao0507.18.jpg

ホテルに戻ると荷造りして寝ました。
いよいよ明日は帰国です。疲れているけど帰りたくない!

JUGEMテーマ:スポーツ

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲ top

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
TweetsWind